ラニー・ラッカー 氏 『日本でのブラック・ゴスペル第一人者』

1951年8月にニューヨーク州オーベニー市でウィンフォード、オーリン・ラ ッカー夫婦の9人兄弟の5番目として生まれ、幼い頃から教会音楽に親しみ、教会の聖歌隊に参加。また、父がレコード店を経営していたこともあり、ジャズや ブルーズやソウル、そしてポピュラーミュージックに対し関心を示した。10歳の時にドラムを始め中学校・高校時代に吹奏楽器や管楽器と幅広く演奏。彼は30年以上の音楽キャリアを持つ。60年代後半ソウル・バンドに加わりトロンボーン奏者、キーボード奏者、ヴォーカリストとして音楽活動を始める。
ラニーさん
1977年初来日、東京赤坂「無限」においてステージを踏む。1980年、陽子婦人と結婚、エツコ、ナンシー、ジャンの3人の父親。

第31回Yamahaポプコンつま恋本選会において、彼の曲『フレンドシップ』が優秀曲賞受賞。フジテレビ「 ひらけ!ポンキッキ」の英語コーナーに出演。Pony Canyon から「英語の歌」のCDやビデオを出している。FM埼玉 (NACK 5)で 「Ronnies' American Oldies!」ラジオ番組を始め、多くのラジオDJとしての活 動。

PBAの「ライフライン」とテレビ神奈川の「ハーヴェスト・タイム」のテレビ番組のゲストとして出演。また第一興商 Human Song Network、や国際電信電話 (K.D.D.) のテレビ CM に起用され、多種CM活動。

1992年にラッカー氏が 「Vocal Fitness Center」 のヴォーカル教室を開き、調布南キリスト教会のミュージック・ディレクターを経て、現在日本各地の教会の聖歌隊を指導し、また多くのコーラスグループを教えてしている。アメリカの一番大きなゴスペル・セミナーの「ゴスペル・ミュージック・ワークショップ・オヴ・アメリカ」(G.M.W.A.) の日本支部長として奉仕。また日本各地で、 ゴスペル・ミュージック・ワークショップを開き指導を行っている。

戻る